帯状疱疹ワクチン接種について


当院で、帯状疱疹の予防接種不活化帯状疱疹ワクチン:シングリックス)ができるようになりました。

帯状疱疹とは

体の片側の一部にピリピリとした痛みが現れ、その部分に水膨れを伴う赤い発疹が出現する病気です。水痘に罹ると治った後もそのウイルスが体の中に潜んでいて、免疫力が落ちた時に発症します。日本人成人90%以上が帯状疱疹になる可能性があり、80歳までに3人に1人が発症すると言われております。

帯状疱疹が頭部、顔面に出ると、目や耳の神経が障害され、めまい、耳鳴りなどの合併症、重症化すると視力低下や顔面神経痛など重い後遺症が残ることがあります。また帯状疱疹が治った後も長期に痛みが残ることがあり、帯状疱疹後神経痛と言われております。50歳以上で帯状疱疹になった場合、約2割が帯状疱疹後神経痛になると言われております。


対象:50歳以上のすべての方


費用:シングリックス1回20000円(税別)(2ヵ月間隔で2回の接種が必要です。)


副作用:発赤、腫脹、疼痛、熱感、倦怠感、掻痒感、アナフィラキシーなど



Q.よくあるご質問


Q、ワクチン接種による予防効果はどの程度?

A、不活化ワクチンは約97%以上も発症を抑えるとされています。また、発症した場合の神経痛も1/3度に抑える効果があります。


Q、接種年齢は決まっていますか?

A、50歳以上の方が対象です。


Q、以前すでに帯状疱疹歴がありますが、ワクチン接種をした方がいいのか?

A、過去5年以内に帯状疱疹発症歴がある場合、既に抗体ができている可能性がありますが、一度発症したことがある方でも再発する可能性があります。発症から5年以上経過している場合は接種をお勧めします。尚、5年以内に発症歴があっても希望があればワクチン接種は可能です。